読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こだわりうどん紀行 UDON

うどん好きの主婦が綴る、家族の絵日記です。娘がひとりの3人家族。2013年8月からスウェーデンのマルメに住んでいます。Detta är min familjs dagbok på japanska och på svenska (från 2016). Min familj är min man, min dotter och jag. Vi började bo i Sverige i Augusti 2013.

スウェーデン ゴットランド島ヴィスビー旅行

f:id:oisi-udon:20150622151746j:plain

母と娘と3人でゴットランド島ヴィスビーへ旅行へ行ってきた。

この街は、魔女の宅急便の街のモデルになった街なので、日本人にも人気みたい。

だけどスウェーデン人にとっても、夏を過ごすところとしても人気だそう。

私達が行ったのは、6月。まだ天気も不安定で寒い。

 

この島は廃墟とバラで有名。

上の写真はホテルの庭で一休みの風景なのだけど、そのバックにひょっこり廃墟。

街と自然に共存している。

f:id:oisi-udon:20150622153052j:plain

中に入るとこんな感じ。

f:id:oisi-udon:20150624172819j:plain

f:id:oisi-udon:20150622153642j:plain

f:id:oisi-udon:20150622154047j:plain

廃墟の真横のホテルに泊まったので、たっぷりこの街の雰囲気を味わうことができた。

f:id:oisi-udon:20150622151338j:plain

ホテルの入口。

白壁に赤いバラが綺麗。

ここからは、ただただ街並みが綺麗だったので写真を並べてみる。

f:id:oisi-udon:20150622143653j:plain

f:id:oisi-udon:20150622155847j:plain

f:id:oisi-udon:20150622155758j:plain

f:id:oisi-udon:20150622155921j:plain

f:id:oisi-udon:20150622160035j:plain

f:id:oisi-udon:20150622162524j:plain

f:id:oisi-udon:20150622163350j:plain

f:id:oisi-udon:20150622144256j:plain

 

f:id:oisi-udon:20150624123325j:plain

f:id:oisi-udon:20150624140538j:plain

f:id:oisi-udon:20150624171611j:plain

f:id:oisi-udon:20150624144018j:plain

f:id:oisi-udon:20150624144933j:plain

f:id:oisi-udon:20150624145120j:plain

f:id:oisi-udon:20150624145548j:plain

f:id:oisi-udon:20150622163006j:plain

 

f:id:oisi-udon:20150624123009j:plain

高いところから眺めた街。

キキがここから箒で飛んでおしゃぶりを届けたのかなーという話をしていたら、娘が今にも飛びたそうだったので必死で止めた。

f:id:oisi-udon:20150624173849j:plain

f:id:oisi-udon:20150624174526j:plain

特にバラが綺麗だった道は下の漁師小路(fiskargränd)。

細い道で、どの家もバラに囲まれて何かの物語の世界に入り込んだみたい。

2日目が一日中雨だったのだけど、雨の中のバラの街も幻想的だった。

残念ながら原因不明だけど100枚以上写真が消えてしまったので、その写真は御蔵入り。

f:id:oisi-udon:20150624145735j:plain

f:id:oisi-udon:20150624145809j:plain

f:id:oisi-udon:20150624145820j:plain

この島のビールが大好きな夫もっちには、ビールのTシャツをおみやげにした。

といっても、どこにも売っていなかったので、家に帰ってからインターネットで注文した。

私達は3日間過ごしただけだけど、スウェーデン人が夏休み中ずっとこの島で暮らしたくなる気持ちがわかった。買い物ではなく、のんびりしたい街。

また行けるかなあ。